1/1

ちんちん電車 / 獅子文六

¥1,500 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

著者: 獅子文六
発行:朝日新聞社
1966年初版、四六判、232p
 
東京の路面電車(東京都電)の廃線がはじまる中、ちんちん電車に纏わる思い出を大正・昭和風景への郷愁を織り交ぜながら綴った随筆集。

吉岡堅二・六浦光雄の挿絵を多数収録。
装丁・原弘。

【目次】
なぜ都電が好きなのか/“ちんちん”の由来/品川というところ/泉岳寺?札の辻/芝浦/東京港?新橋/新橋?銀座/銀座?京橋/日本橋/続・日本橋/神田から黒門町/広小路?池の端/山下?公園/上野?浅草/六区今昔/観音堂と周辺/電車唱歌/あとがき

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,500 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品