1/1

病める昭和文壇史 自殺作家に見る暗黒世界 / 植田康夫

¥1,000 税込

SOLD OUT

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

植田康夫/著
エルム
1976年初版、B6判、248p
 
なぜ作家は死を選ぶのか?作家として生きる心情に肉迫して解明するドキュメント。

川端康成、三島由紀夫、芥川龍之介、北村透谷、川上眉山、有島武郎、生田春月、牧野信一、太宰治、田中英光、原民喜、火野葦平など自殺した作家たちが死に至る状況を追い、自殺の原因に迫る。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,000 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品