1/1

ご臨終トトカルチョ / 田中小実昌

¥2,400 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

田中小実昌/著
泰流社
1973年2刷

末期患者の死亡時刻を推理するギャンブル「ご臨終トトカルチョ」。末期患者の病室、通称「テンパイ室」で患者が逝くのを、皆で息をひそめて窺う時の張りつめた静寂は、無常にして滑稽。

ギャンブルを考案した町田が賭けの対象になっていたとき、その恋人であるミツエは恐ろしさに震えていた。ミツエを抱いてあげている砂子は、ミツエの変化に気づく。
『ミツエのからだは、どうしようもなくふるえていたが、乳房も、おヘソのあたりも、ふるえながらあたたかくなってきた。やはり、歳が若いせいだろうか。火照りやすい娘のからだ…こんなにおびえ、おそれていながら…。砂子は気味が悪くなってきた。恐怖のかたまりは、つめたいはずのものだ。恐怖のかたまりが、やわらかく、あたたかいというのは…。おまけに、つめたく凍っていたときはにおいのなかったミツエのからだが、若い女のあまいにおいがしだした』

表題作の他に「I LOVE YOU」「サインはエッチ」「月見草の三階」「教授と娼婦」「恥ずかしい性」「うみねこの声」を収録した男女の物語集。

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,400 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品