1/1

はなし帖 / 宇野信夫

¥700 税込

残り1点

別途送料がかかります。送料を確認する

¥10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

宇野信夫/著
文藝春秋
1979年初版、四六判
 
昭和の黙阿弥こと、宇野信夫の随筆集。

『その姉の臨終に、親類や近所の人が集まった。姉の枕元にしがみついて泣いているのは、隣の歯医者の娘で、姉とは同い年で仲よしであった。年の瀬の夜なかの空気はしんしんと冷えて、床柱がピシリと音をたてた。すると娘のそばにいたお婆さんが「羽織をきておいでよ、風邪をひくよ」と娘の耳元で囁いた。その声は私の耳にも入った。私は子供心にもそのお婆さんを憎んだ。以来、このお婆さんの顔を見ると不愉快であった。今は私もそのお婆さんと同じくらいの年齢になった。私の渡ってきた世の中は、みんなこの「羽織をきておいでよ」であるということを教えてくれた。お婆さんはただ正直な人だったのである』

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥700 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品